• インバウンド
  • ローカライズ

2015年10月28日

BRICsのオンライン消費者動向

BRICs(ブリックス)とは、ブラジル・ロシア・インド・中国の頭文字を取ったものです。2001年、米国の証券会社ゴールドマン・サックスが発展途上国の中で、21世紀に大きな経済成長が見込まれる国として挙げたことが語源となり定着しました。今後もインターネットユーザーの増加が見込まれるBRICs。下記では各国のオンライン消費者の動向を見ていきます。

続きを読む

インターネットの世界地図が変わった

Webサイト「Internet World Stats」によると、全世界におけるインターネットユーザーの地域別割合は下記のとおりです。

 

・アジア 45.6%

・ヨーロッパ 18.9%

・ラテンアメリカ・カリブ諸国 10.5%

・アフリカ 10.3%

・北アメリカ 10.1%

・中東 3.7%

・オセアニア・オーストラリア 0.9%

 

さらに詳しく見てみます。

 

アジアの中で比較してみると、中国のネットユーザーはアジアのほぼ半数の46.3%、インドは17.5%、日本は7.9%。ロシアは、ヨーロッパの中で一番ユーザー数が多く15%。ブラジルは北南米でアメリカ(44%)についで2位のユーザー数(17.4%)を誇っています。この数字だけを見ても、2001年に予測されたことが現実となり、各国が大きく発展したと言っても過言ではないでしょう。

 

ショッピング、SNS、リサーチ。ユーザーの活用法

ある調査によるとBRICsの消費者はG7(カナダ・フランス・ドイツ・イタリア・日本・イギリス・アメリカ)の消費者よりも、オンラインまたはモバイルコンテンツにお金を使う傾向にあることも分かっています。BRICs各国のオンライン消費者の特徴を見てみましょう。

 

ブラジル

・ブラジルを含むラテンアメリカ諸国のユーザーは若い人が多く、中間層以上が目立つ

・ブラジルのユーザーは、オーディオビジュアルコンテンツの利用やインターネットバンキング、ネットショッピングなどに費やす時間がヨーロッパのユーザーに比べて長い

・家または職場からのネットアクセスが多い

・オンラインショッピングで人気の商品は、本や電子機器、コンピューターのハードウェア、DVDやゲームなど

・SNSが人気

・クレジットカード払いが一番人気のある支払い方法。次いでPayPal、銀行振込、デビットカード、代引きとなる

 

ロシア

・オンラインショッピングは利用されているが、オンライン上でのクレジット決算に対する信頼度は高いとは言えず、代引きが好まれる

・オンラインショッピングで人気なのは、本や電化製品

・インターネットセキュリティに関する懸念が強い傾向にあり、海外のWebサイトからの商品の購入は敬遠される傾向が高い

・SNSがよく使われている。SNSを活用することにより、友達からの口コミなどをオンラインショッピングの参考にしていると考えられる

 

インド

・近年、その差は縮まってきているが、都市と農村部におけるデジタルデバイドが見られる

・若者が主なユーザー

・メール、一般的な情報検索、教育に関する情報検索、音楽、ビデオ鑑賞、オンラインチャット、オンラインで職探し、ゲームなどが主なオンライン行動(2010年時点)

・商品価値に関する情報収集を積極的に行う。自動車、パソコン、携帯電話などの耐久消費財を買う時にはオンラインで商品に関するレビューを探し求める傾向にある

・SNSが人気。Orkutもかつては人気だったが、今はFacebookに移行しつつある。Twitterも勢力を拡大しつつある

・オンラインのお見合いも活況。

 

中国

・87%のユーザーが、メールよりもチャットを通じてのコミュニケーションを好むというリサーチ結果が出ている

・中国と韓国のユーザーはアジア他国のユーザーに比べてオンラインで買い物をする傾向にある。ある調査では、95%のユーザーが6か月以内にオンラインで買い物をすると答えている

・本、洋服、電化製品がオンラインで買う主な商品

 

Webサイトを運用する上で、ターゲットとする地域の傾向を理解することは、アクセス数を上げるうえで重要な要素の一つです。またBRICsは大きな発展を遂げたとはいえ、まだまだ伸びしろもあります。ビジネスチャンスを掴むためにも、BRICsに特化したWebサイトの構築を検討してみるのもいいのではないでしょうか。

 

出典:

Singh (2012), Localization Strategies for Global E-Business.

Internet World Stats: http://www.internetworldstats.com/stats.htm

KPMG International (2009), Consumers and Convergence IV: Convergence Goes Mainstream: Convenience Edges out Consumer Concerns over Privacy and Security.

Belcher (2006), Latin America Online, eMarketer. 

記事をたたむ

  • 最新記事
  • あなたにおすすめの記事
人気のある記事 について
グローバルサイトや多言語サイトの 運用に役立つ情報を配信しています。 大勢の外国人観光客が日本に 「来て見る」ヒントを創るメディア サイトを目指します。

キテミルの更新情報を、あなたのメールアドレスにお届けします。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.