• インバウンド

2017年11月8日

デザインから見る多言語化:ユニバーサルデザイン

みなさんは、「多言語化」という言葉から何をイメージするでしょうか。
訪日外国人旅行者数は年々増加しており、2020年の東京オリンピック開催に向けて更なる増加が予測されるなか、各施設の多言語対応の必要性が叫ばれています。なかでも案内表示の多言語化は欠かせない要素だと思われますが、今回は文字を使わずに絵や図だけでより多くの人にメッセージを伝える方法の一例として、「ユニバーサルデザイン」について考えてみたいと思います。

続きを読む

 

1. ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザインとは、「年齢、性別、国籍、人種にかかわらず多くの人にとって使いやすいデザイン」(ブリタニカ国際大百科事典)という意味で、自身も障がいをもつロナルド・メイス氏(アメリカ人建築家)によって、身体障がい者や高齢者のみを対象としたバリアフリーに代わる概念として1980年代に提唱されました。この考えは次の7つの原則に基づいています。

 

(1)公平な利用ができる

(2)柔軟な使用ができる

(3)使用法が容易に理解できる

(4)必要な情報が容易に理解できる

(5)安全に使用できる

(6)無理な姿勢をとらずに使用できる

(7)操作可能な寸法や空間が確保できる

(「ユニバーサルデザインの概念」国土交通省中国地方整備局より)

 

 

ユニバーサルデザインの例をあげると、非常口のサインがあります。これは国際規格の作成を行うISO(International Organization for Standardization)によって定められた国際的なユニバーサルデザインです。広く世界中で使われているこのデザインですが、実は日本から生まれたものだということをご存知でしょうか。もともと日本で使用されていたデザインがISO事務局に提案され、煙の中でも見えやすいということで採用されました。

 

非常口マーク

 

国際的に認められているユニバーサルデザイン以外にも、日本が独自に定めたユニバーサルデザインが存在します。交通エコロジー・モビリティ財団が定めた標準案内用図記号というもので、JIS規格化されています。そのなかには公共・一般施設や商業施設に関するものから、禁止事項といった、場所を表す以外のものなどが含まれています。

 

2. 世界各国の案内表示

国際規格のあるユニバーサルデザインですが、国ごとの特色が表れているものもあります。

a) 銀行、両替表示(JIS vs. ISO)

左がJISの定めるデザインで、右がISOのものです。どちらも紙幣と貨幣がデザインされて大きな違いは無いように見えますが、一番目立つ紙幣の単位が、JISでは\、ISOでは$という違いがあります(図内の通貨記号を差し替えることは可能ですが、デフォルトでは上記です)。この違いは、広く使われている通貨の差によるものでしょう。

 

銀行・両替表示

b) イランのトイレ表示

イスラム教国家であるイランでは、トイレの表示にもそれが表れています。トイレを示すために、男性と女性を表す図が使われるのは国際的によく見られるものですが、イランではヘジャブ(イスラム教徒の女性が頭にかぶる布)をかぶっている女性が描かれています。

 

イラントイレ

 

c) タイのトイレ表示

タイはMtF(Male to Female)/FtM(Female to Male)(注1)に寛容な国家として知られていますが、そうした男性でも女性でもない人のためのトイレがあります。一例としてあげるのはタイの高校につくられたもので、その表示が以下の図です。

 

タイトイレ

“Thai school offers transsexual toilet” BBCより)

 

身体の左右で男性と女性の両方を表していますね。男性専用でも女性専用でもない、ということがわかりやすく示されていると思います。こうしたトイレは少数派ではありますが、MtF/FtMが多いというタイの事情をよく反映しています。

 

まとめ

 

「多言語化」=文字や言語による対応と考えがちですが、それらを使わなくても絵や図で意味を伝えることを可能にするのがユニバーサルデザインです。

 

さらに、上記の例のように、その言語を理解できなくても意味がわかるようにデザインされていながらも、その国独自の文化や特色を伝えるという役割を果たしています。言語の問題のみにとらわれず、視点を変えてみることが真の多言語化の鍵なのかもしれません。

 

(注1) MtFとは、「自分の性を男性から女性へ移行したい人。また、移行した人」(Weblio)のことを指しています。FtMはその逆で、女性から男性へ移行したい人、移行した人を意味します。

 

出典:
・『ブリタニカ国際大百科事典 小項目電子辞書版』ブリタニカ・ジャパン(2012)
「ユニバーサルデザインの概念」国土交通省中国地方整備局(2004)(2017/11/8)

「標準案内用図記号ガイドライン」公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団(2016)(2017/11/8)

・“The International Language of ISO Graphical Symbols” International Organization for Standardization (2017/11/8)

”MTF” weblio辞書(2017/11/8)

“Thai school offers transsexual toilet” BBC (2008) (2017/11/8)

記事をたたむ

  • 最新記事
  • あなたにおすすめの記事
人気のある記事 について
グローバルサイトや多言語サイトの 運用に役立つ情報を配信しています。 大勢の外国人観光客が日本に 「来て見る」ヒントを創るメディア サイトを目指します。

キテミルの更新情報を、あなたのメールアドレスにお届けします。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.