• インバウンド
  • グローバルサイト
  • ローカライズ

2015年12月18日

文化に合わせたWEBサイト・ライティングスタイル~長期志向・短期志向~

多言語WEBサイトがユーザーに受け入れられるためには、ターゲットユーザーのカルチャー・バリュー(価値観)の把握が欠かせません。ここでは、オランダ人学者ヘールト・ホフステッドが明らかにした文化的傾向の一つ「長期志向と短期志向」という観点を用いて、それぞれの傾向に見られるWEBサイトの特徴について見ていきます。

続きを読む

ヘールト・ホフステッドの理論

オランダ人の社会心理学者であるヘールト・ホフステッドは、IBMに在籍する様々な国の社員にアンケート調査を行い、それぞれの国が持つ文化的な考え方や価値観の傾向には下記の4つがあることを導き出しました。

 

・個人主義・集団主義(Individualism – Collectivism)

・不確実性の回避(Uncertainty Avoidance)

・権力格差(Power Distance)

・男性らしさ・女性らしさ(Masculinity – Femininity)

 

その後の研究で上記以外にも文化的傾向として「長期志向・短期志向(Long-Term and Short-Term Orientation)」と「気ままさ・自制(Indulgence – Restraint)」があることも分かってきました。ここでは、「長期志向・短期志向」に焦点を当てて、それぞれの社会に見られるWEBサイトの傾向を見ていきます。

 

関連記事)

文化に合わせたWEBサイト・ライティングスタイル~権力格差~

文化に合わせたWEBサイト・ライティングスタイル~不確実性の回避~

文化に合わせたWEBサイト・ライティングスタイル~個人主義・集団主義~

文化に合わせたWEBサイト・ライティングスタイル~男性らしさ・女性らしさ~

 

それぞれの特徴

まず、長期志向・短期志向の社会ではどのような考え方が傾向として見られるのでしょうか。

 

長期志向の特徴

・人生において最も重要なイベントは将来に起こり得ると考える

・良い人間とは、状況に適応することができる

・状況によって善悪が生まれる

・伝統は状況が変わっても適応することができる

・自国にないものは他国から学ぼうとする

・大切な目標とは倹約と忍耐である

・貯蓄をする

 

このような傾向は東アジアや西アジア、ヨーロッパ圏の国々で多く見られると言われています。一方の短期志向の特徴は下記のとおりです。

 

短期志向の特徴

・人生において最も重要なイベントは過去または今現在起きていると考える

・良い人間とは、どのような状況でも同じでいられる

・普遍的なガイドラインの上に善悪が成り立つ

・伝統というのは極めて神聖なものである

・自分の国に誇りを持っている

・重要な目標とは他者への奉仕である

・社交の場にお金を使う

 

上記のような傾向は、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドといった国々、南アメリカ、アフリカ、中東の国々に多いことが調査によって明らかになりました。

 

各文化的次元に見られるWEBサイトとライティングスタイル

以上のように「長期志向」と「短期志向」の社会ではそれぞれ大切にしている価値観が異なっていることがわかります。それがWEBサイトにも下記の特徴として現れているようです。

 

長期志向にある国のWEBサイトの特徴

・「実践」「実用価値」にコンテンツの焦点を当てる

・情報や信憑性の源を関係性に求める

・結果や目標を達成させる際の忍耐

 

短期志向にある国のWEBサイトの特徴

・「真実」「信念の確実性」にコンテンツの焦点を当てる

・情報や信憑性の源を規則に求める

・即時的な結果や目標達成に対する願望

 

ターゲットユーザーの価値観に配慮したサイト構築を

ここに挙げた特徴はほんの一部ですが、価値観の違いによって好まれるWEBサイトが異なってくることが分かります。海外または外国人向けWEBサイトを構築する際には、ターゲットとなるユーザーを想定し、ユーザーが大切にしている価値観の傾向を踏まえた上で最適なコンテンツ、デザイン、ライティングスタイルなどを選ぶことが肝要であると言えます。

 

出典:

Hofstede, G. (2011). Dimensionalizing Cultures: The Hofstede Model in Context. Online Readings in Psychology and Culture, 2(1). http://dx.doi.org/10.9707/2307-0919.1014

Marcus and Gould (2000), Cultural dimensions and global web user-interface design: what? so what? now what?: 

http://www.amanda.com/cms/uploads/media/AMA_CulturalDimensionsGlobalWebDesign.pdf 

古川(2012)「各文化におけるGBI戦略 -Hofstedeの文化次元を用いた理論的考察-」『経営学研究論集』第36号

記事をたたむ

  • 最新記事
  • あなたにおすすめの記事
人気のある記事 について
グローバルサイトや多言語サイトの 運用に役立つ情報を配信しています。 大勢の外国人観光客が日本に 「来て見る」ヒントを創るメディア サイトを目指します。

キテミルの更新情報を、あなたのメールアドレスにお届けします。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.